JavaScriptでユーザーエージェントを判別しよう!

JavaScriptでユーザーエージェントを判別しよう!

こんにちは、ちゃんけいです。

現在リニューアル真っ最中で、WordPressの中をごちゃごちゃといじってます。リニューアルってほんと大変ですね、、、、、

さて!今回は表題の通り、JavaScriptでユーザーエージェントを判別していきたいと思います。

ユーザーエージェントとは、ユーザーがアクセスしている端末の種類です。iPhoneなのか、Androidなのか、iPadなのか、、、とかですね!UAと略して表記されることもしばしば。

コピペで使えるのでおすすめです!

ユーザーエージェントを判別しよう!

今回のソースはこちら。ソースが長くなりすぎるので、今回はよく使うスマホの判別のみ記載しています。

See the Pen text background-clip by Chankei (@Chankei) on CodePen.0

 

navigator.useragentの記述でユーザーの端末を取得しています。

そして、toLowerCase()で取得した文字列をすべて小文字にしています。こうすると比較がしやすくなります。

indexOf()で文字列の有無を、「 0 」以上か「  -1 」に変換して代入します。

最後にif文で比較しておしまい!

はい!簡単ですね!

もっとコードを短くすることができるので使う際は、しっかり書いてみてください。

まとめ

今回は短いですがこの辺で。

CodePenの不具合と戦っているといつの間にかこんな時間です。。。

 

それでは今回はこの辺で、ちゃんけいでした。