PHPの基本:プロパティとメソッド

こんにちは、ちゃんけいです。
最近イラストを描くことにはまってます。

前回クラスとインスタンスについて書きました。その続きで、プロパティとメソッドについて書いていきたいと思います。

プロパティ

インスタンスが持っているデータのことをプロパティと言います。

例えば髪型なら、髪型の名前!
プロパティを書くときはこんな感じ


<?php 
class Kamigata{
	public $name;
}
?>

定義するだけでは、プロパティの中身は空のままです。なので、インスタンスを作成した後にプロパティに値を代入してあげます。


<?php 
class Kamigata{
	public $name;
}

$hoge = new Kamigata();
$hoge->name = 'ポニーテール'; // プロパティにアクセスして、値を代入
echo $hoge->name; // プロパティを出力
?>

メソッド

メソッドはクラスの持つ関数のことを言います。
御察しの通り書き方はこちら。


<?php 
// クラス
class Kamigata{
	public function changeHair(){
		echo '髪型変えますか?';
	}
}

$hoge = new Kamigata();
echo $hoge->changeHair(); // メソッドを実行
?>

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お気付きの方も多いかと思いますが、プロパティとメソッドは変数( プロパティ )と関数( メソッド )なんですね!

クラスの中にあるので呼び方と、アクセスの方法が少し違うだけなので安心です。次回からもう少し詳しいことを書いていこうと思います。

それではまた次回の記事でお会いしましょう、ちゃんけいでした。